関西ペイント第3回勉強会

103日、第3回目の関西ペイントさんの勉強会が大田区にある工場で行われました。

今回は「塗装のおはなし」として、塗料の役割、塗装がどのような分野で使われているか、塗装方法にはどのような方法があるか(刷毛・ローラーブラシ・スプレー)、また、自宅で実践できる一般的な塗り方を伝授いただきました。塗料の塗り方としては「三段階法」といい、「上から下へ塗る→横に塗る→最後に下から上にならして仕上げる」という塗り方をするとムラなく綺麗に仕上がるとの事。またローラーで塗り残しが出る角の部分は、面倒でも先にはけで塗っておいてから、残りの面をローラーで一気に塗ると綺麗に仕上がるそうです。

「塗装のおはなし」を伺った後は場所を移し、実習として今回は関西ペイントさんの「アレスシックイ」という商品を実際に塗る体験をさせていただきました。こちらの商品は漆喰でありながら、従来の左官仕上げとは違い、塗装で仕上げることが出来るため、施工期間も短く簡便である事が特徴です。もとが漆喰であるため、お部屋の消臭・ウイルスの吸着効果があり、小さなお子様やペットを飼っているお宅に有効ではないかと思います。

自分でペンキを塗るなんて、難しそうで抵抗がありましたが、今回の勉強会に参加し、綺麗に仕上がる塗り方を教わり、実際に塗る体験をした事で、家でも塗ってみたくなりました。

(レポート作成 M.F)

1_13 Photo_22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タチカワブラインド展示会

タチカワブラインドさんにお世話になってるICは多いと思います。

そんなウィンドウトリートメントのメーカーさんであるタチカワさんの展示会のため、

7月10日午後、横浜の関内まで出かけてまいりました。

会場に入ると知っている顔もチラホラ・・・まずはご挨拶です。

Dsc04035_2 そしてお勉強開始!

今年もやっぱり節電に結びつく商品がイチオシ。

まずはお手軽な窓廻りからエコ!

ということですね。

エアコンの消費電力を考えれば納得。

会場は大賑わいでしたが、キレイなバラ柄やレースのところには・・・

Dsc04036_2 女性だらけです。

やっぱりインテリアの主役は女性??

新商品の知識も得られて、実際に触れて、

良い機会をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リリカラSALA発表会

6月21日&22日、リリカラショールーム(新大久保)にて、

SALAというカーテンシリーズの新カタログ発表会がありました。

Dsc03953_2 

SALAは割とお求めやすい価格帯の物が多いので、

お仕事やプライベートで利用されたことのある方も多いでしょう。

展示会場で実際に見て触った後は、セミナー会場にて、

新商品の紹介や開発に対する思いなどを聞きました。

嬉しいことにインテリア商材だけじゃなく、ファッションのトレンドなども、

取り入れながらのセミナー内容なので、とても勉強になります。

そして会場出口・・・リリカラさんのショールーム入口のコーディネート

(ロールスクリーン&壁紙)が、あまりにステキだったので、

スタッフの方に了解を得て、記念に撮影してまいりました↓

Dsc03951

さすがです!   (レポートN.T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOSO新作発表会

6月14日&15日、みなとみらい日石ホールにて、

TOSOさんの新作発表会&セミナーが行われました。

Dsc03938_2

定番のレール関係や窓廻りアクセサリー等はもちろん、

まだカタログにも載ってない出来たてほやほやの新商品もチェック。

こういった情報収集の場は、仕事に繋がるのでとても重要です。

そして同ビルの違う会場では、プロのカメラマン講師による、

「現場写真撮影のコツ」というセミナーを受講してきました。

デジカメの今まで使ったことのない機能を説明していただいて、

同じ被写体を色んな角度から撮影してみるのが上手になるコツ・・・

そしてせっかく教わったことをさらに展示会場でお試しを!

とのことだったので、受講内容を踏まえて撮影してみたのが下記画像。

Dsc03940_3 

とにかくたくさん撮影することが上達する近道だそうです。

TOSOさん、貴重なセミナーありがとうございます。

(レポートN.T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西ペイント アレスシックイ現場見学&交流会

 ~築38年のマンション全面改修の現場を見学~

 去年、発売されたばかりのローラーで塗れる漆喰「アレスシックイ」という塗装材で、
 全面改修したという現場に案内していただき、ビフォー&アフター図面を見ながら、
 まずはお施主様のリフォームに対する思いなどを聞かせていただきました。
 間取り変更を伴う改修とのことで、間取りプランや水廻りや収納内部まで見学させてもらい、
 メインの塗り壁の見学以外でも即実践的な勉強会となりました。
 改修工事中の施工しているVTRも見せていただいたのですが、左官屋さんのコテさばき、
 塗装屋さんのローラーの動きを見ながら、実際に塗られた場所を確認できるという、
 なかなか貴重な体験もさせていただきました。
 このアレスシックイは、自然な風合いがウリ(機能的には消臭や調湿)だからか、
 画像のように1色で塗っても、2色の混ぜ塗りのような仕上がりが可能のようです。

Dsc03533 Dsc03534

 ローラー仕上げで材工設計価格3800円程度(コテ仕上げは未定)だそうですが、
 関西ペイントさんとしては将来的に、インテリアコーディネーターが「私でも塗れます」
 ということをお客様にアナウンスして、塗装材をエンドユーザーさんに売ってもらいたい!
 ということを目指しているそうです。
 そのためにインテリアコーディネーター担当という営業を専属で置き、
 材料もIC価格という設定の値段を決めて、お得な価格で仕入れられるようにするとのこと。
 個人的には面白い試みだと感じました。
 良い塗装材として、DIY好きなエンドユーザーさんは興味を持ってくれそうですし、
 通常のペンキなどと違って匂いもないし、パッケージが缶じゃないので捨てやすいです。

 (下記画像参照)

Dsc03535

 次回の勉強会は5月か6月ごろを予定していて、実際に塗る体験もあるそうです。
 今から楽しみです。

(文N.T)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダニエル&re.kura見学会

特別見学会 『 ダニエル&re.kura  見学会 』 (報告)

日時: 2011年8月2日(火) 13:15~17:00

集合: 13:15 
     東京ガス暮らしのリフォームプラザre.kura (リクラ)
(平沼橋TVK ハウジング内) 
場所: 1)東京ガス暮らしのリフォームプラザ re.kura  (リクラ)
     2)家具の病院ダニエル
     3)ダニエル元町店
主催:  株式会社リビング・デザインセンター、株式会社ダニエル
担当者:堀之内氏(OZONE)、咲寿氏、建部氏ほか。
参加者:19名

趣旨:本企画は、施設等の見学や担当者の説明により、リフォームによって暮らしをどう変えられるかを参加者に気付いていただき、また、生活の中で家具を大事に使うというのはどういうことかを理解することを目的とします。
リクラは、株式会社リビング・デザインセンターの企画で展開されている施設です。東京ガス・株式会社リビング・デザインセンターはKICAの賛助会員ではありませんが、昨年度まで、IC'sスクエアでKICAの展示をしています。
また、株式会社ダニエルもKICAの賛助会員ではないですが、横浜を拠点としており、OZONEの展示やKICAフェスティバルで協力をいただいています。

内容: 暮らしのリフォーム
①東京ガスのリフォーム体験施設の見学および担当者による説明
(築25年住宅の改装前後を見学)
  ②「家具の病院」見学および担当者による説明
③元町ダニエル店の見学および担当者による説明

<詳細>
① 東京ガスのリフォーム体験施設の見学および担当者による説明
リクラは東京ガスの施設の中でリフォームを専門に扱っており、2011年3月末に開館しました。専有面積約290平方メートルのワンフロアを3分割して、見学者にリフォームによってどのように暮らしを変えることができるのかを提案しています。参加者はグループに4、5名のグループに分かれて、リクラのスタッフの説明を聞きながら、見学しました。

20110802a_2 Ⅰ 25年前の暮らしとの比較
25年前の標準的な住宅の床の冷たさ、開き戸によるデッドスペース、置き家具の固定、照明の単調さ、エアコンの騒音、部屋と部屋の間の段差、部屋割による動線の非効率などを体験した後、現在の住宅モデルと比較。快適な住空間に、インテリアが重要であることを再確認しました。
Ⅱ シアターでリフォーム例を鑑賞
50代夫婦の家族構成により、3つのリフォームプランを映像により提案。どのように暮らし方を変えられるかをストーリー形式で示しています。今回は50代夫婦の二人暮らしのプランを鑑賞します。
Ⅲ リアルスケールのモデル見学
シアターで鑑賞したリフォーム例をリアルスケールで体験。より鮮明に、リフォームの効果を実感しました。暮らしたいイメージの聞き取り、理解が、インテリアエレメントの決定に重要であることを確認しました。

② 「家具の病院」見学および担当者による説明
Ⅰ リフォームの流れの中で、従前より使用していた家具を修理しながら再利用することの意味を再認識しました。20110802b
咲寿氏より元町における西洋家具や「横浜クラシック家具」、株式会社ダニエルの成り立ちの説明がありました。その後に、VTR映像で 高橋保一代表取締役社長の家具に対する考え方を聞きました。家具のリフォームは環境への優しさもありますが、同時に、家具を大事にする、大事に作った家具に包まれた生活をする、こういうことが生活を大切にすることにつながっていくのではないかという考え方でした。また、修理を担当する職人や、職人を養成する家具学校の教師が、クラシック家具を作る技術を先代より教えられた恩恵を、次代に継承する義務を語っていただきました。クラシックとは、正当な技術を継続している、という意味であることを確認しました。時代の変化の中で生活のスタイや家具のスタイルは変わっても、変わらない。
家具を修理する行為の中に、次代への文化の継承がなされていく様子を実感しました。
Ⅱ 「家具の病院」の見学
作業中の職人の工房を見学。家具を解体して初めて骨組みが見えることから、家具を見極めることの難しさを感じました。他社の製品をも誠意をもって修理する職人の苦心や、自社製品に変わらぬ情熱で修理する職人魂に触れました。20110802c

Ⅲ家具と個人の関係
震災で汚れたり壊れたりした家具の修理を依頼される案件があり、家具の修理をきっかけに生活を取り戻す例など、家具を通じた復興例を紹介されました。また、長い間使用していた家具が新品同様に再生することで、家族の思い出や絆がよみがえる例もあります。
このような例より、家具が個人の生活と深く結び付いていることから、家具を通じて個人が思い出を蓄積しており、インテリアエレメントの一つである以上に、個人にとって大事であることを理解しました。家具の価値が、ものの価値で量れるものでなく、個人の生活、文化に深く結びうることを実感しました。

③  元町ダニエル店の見学および担当者による説明
元町のダニエル店にて、横浜クラシック家具の実例を多数見学しました。注文主の希望により、仕掛け引出しがあるものや、和のしつらえのものなど、生活のスタイルに沿って様々な工夫がこらしてあり、多様なデザインに触れることができました。先の見学により、表面的なデザインに現れない、内部の堅牢さや手数の多さを学習してからであったため、家具を見るときの視点が大きく変化していることを感じました。20110802d

感想:リフォームと家具の修理、当初はその共通点に気付いていませんでしたが、見学と説明を通じて、ともに生活を大切にすること、生活が文化であることを認識することができました。リフォームによって自分の暮らしが変えられることに気づき、また、インテリアエレメント以上の家具の重要性を知る機会となりました。
大変有意義な企画で、関係者の方々に深く感謝いたします。

レポート作成 M.I.                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明セミナーレポート

KICA照明セミナーレポート

◆テーマ「~照明の基本から最新照明まで~」

◆日程・参加メンバー
 ・日時:7月21日木曜日
 ・時間:13:00~15:00
 ・場所:パナソニックリビングショールーム横浜
 ・参加者:KICAメンバー 11名
◆内容
 ・座学にて講座その後ショールーム見学
 ・進行・講師:パナソニック 岡部様

   今回の照明セミナーは主に「LED」を中心に「電球・蛍光灯・LED」の消費電力・効率・寿命・価格 等の比較、商品説明をして下さいました。

 ■詳細
(座学)
1. 光源としてのLED
2. LED照明器具
3. 時代のLED照明計画

・電気の歴史 LEDの普及の様子、白熱灯の衰退 等
・新しい発光体「有機EL」の説明 各社、試作の段階実用化はまだ先とのこと。
・LEDの特徴 長所と短所 
長所:長寿命、省エネ・コンパクト・熱線、紫外線をほとんど含まない 等
短所:輝度が高い(眩しい)・断熱材施工のダウンライト注意・暗く感じる 等
・LEDの有効的な活用法 メンテナンス困難な場所・瞬時点灯が要求されるところ、等に活用しやすい。
・省エネ(価格比較) LEDの効率は蛍光灯とほぼ同じな為、LED・蛍光灯を併用するなどし、LEDをより効率的に活用。
 (ショールーム見学)
    実際に照明を体験、ダウンライト・シーリング・ペンダント等の組み合わせ方。
最後に・・・照明は日々進化し、新しい商品が開発されているため、情報収集を怠らないことが大切だということを感じました。
コーディネーター初心者の私からすると、奥深く、勉強し応えがある分野です。
1 Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4 Photo_5

                                 

                                       

写真 N.T  文 M.K

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新入会員歓迎会のお知らせ

緑が一層濃く、深くなってまいりました。
庭の紫陽花の花も開き始め、梅雨入りももう間近・・・。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、6月23日(水)13時より、ハウスクエア横浜
セミナールームBにて2009年6月以降に入会いただいた
会員、賛助企業会員の方々の新入会員歓迎会を開催いたします。

今回の歓迎会ではファブリック研究会の研究発表と
KICA会員である柳生千恵さんによる、イギリスの暮らしについての
セミナーが行われます。

新入会員の皆様のために、KICAの活動をより知っていただくために、
担当理事や研究会の会員から各活動内容をご説明いたします。
たくさんの皆様に是非ご参加いただき、
短い時間ですが、お茶を頂きながら交流を深めたいと思っています。

一般会員の方も、新入会員の歓迎と勉強のためにも
是非ご参加ください。

【広報担当H】

◆―◇―◆ 新入会員歓迎会 ◆―◇―◆
■日時:6月23日(水) 13:00~
(受付開始は12:45よりセミナールーム前にて)
■場所:ハウスクエア横浜4F  セミナールームB
■内容
12:45~ 受付開始
13:00  開会
     ファブリック研究会 研究発表
     柳生千恵さんによるセミナー
     KICAの活動内容について理事、各研究会より説明
     新入会員、賛助企業の方の紹介          

皆さんでお茶を飲みながらの自己紹介、歓談タイム
16:00  閉会、解散

■お申し込み方法
お申込みはKICAホームページのお問合せフォームより
『セミナー&イベントに関するお問合せ」を選び、
お問合せ詳細欄に「新入会員歓迎会に参加します」とお書き添え下さい。

午後のひと時を皆様と楽しく過ごしたいと思います。
この貴重な機会に会員同士の交流を深めましょう。
皆様、是非ご参加下さい!

宜しくお願いいたします。

柳生 千恵 
プロフィール
1987年 三井ホーム(株)入社
1989年  松下電工リファイン(株)へ転職
1993年 渡英
    シティ・アンドギルド(インテリアデザイン)認定資格を取得
1998年 帰国
現在はフリーランスのインテリアコーディネーターとして活動

主な仕事内容
雑誌ドウアイにて、インテリア・ガーデンの提案およびスタイリング
住宅のリフォームプランから施工監理まで
ウッドデッキやエクステリアの提案
新築のインテリア提案(カーテン・家具等)

Aa_091226ygy012

取得資格
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
福祉住環境コーディネーター 3級
整理収納アドバイザー 2級
シティ・アンドギルド (英国資格)

| | コメント (0)

家づくりステーションセミナーのご案内

KICA会員の皆様

こんにちは広報担当Mです。

ハウスクエア4Fに入っているフォルツァ㈱さんより、

セミナーなどを企画のご案内がありましたので、

ご案内いたします。

尚、フォルツァ㈱さんは賛助企業ではなく、今回初めてのご訪問でのお誘いでした。

興味のある方は、それぞれのご判断にて

直接、フォルツァ(株)家づくりステーション 柳沢様までお問い合わせください。

宜しくお願いします。

*****************************************************************

~住宅ビルダー経営者・建築家・インテリアデザイナー向け~

環境マインドで共感を生む! 住空間づくり戦略

●基調講演 「リゾート空間における素材とデザイン」

講師:東 利恵 <建築デザイナー/東環境・建築研究所>

●第1部 「共感を生む、価値ある空間づくり」

講師:近藤清美 <ビッグウィル代表取締役>

●第2部 「建主を感動させる『語れるインテリア素材』の条件」

■ 開催概要

日時:2009 11 27 日(金)16:00 18:30(開場15:30

会場:ハウスクエア横浜セミナールーム 住まいの情報館4階

定員:60 名(定員になり次第、締め切りといたします)

受講料:当日参加/ 3,000 円  事前お申し込み/無料

主催:株式会社ビッグウィル  共催:自分スタイルの家づくりステーション

※懇親会

セミナー終了後に、「環境マインドで共感を生む、食材と飲物」をご用意して、懇親パーティーを開催します。「食」と「住」に

ついて語り合いながら、環境マインドで共感を生む住空間づくりのためのネットワークを広げてください。

時間:18:40 20:00  定員:20 名  参加費:2,500 円(事前お申し込みの方も必要です)

★お申し込み・お問い合わせ

自分スタイルの家づくりステーション 担当:柳沢 TEL045-910-6730

FAX045-910-6731 もしくは、Eメール:info@ownstyle.jp

Eメール:info@ownstyle.jp

**************************************************************

| | コメント (0)

パイオニア セミナーのご案内

KICA会員の皆様

パイオニアさんからセミナーの情報がとどきましたので、以下お知らせいたします。
【広報担当M】

*****************************************************************

来る9月4日に弊社主催によりリビングデザイン

センターOZONEにて開催する『音』に関するセミナーをご案内いたします。

参加お申込みは以下のリンク先であるOZONEのホームページでご確認いた

だき弊社専用のアドレスへメールにて受付いたします。

皆様のご参加をお待ちしておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

※インテリア産業協会関東甲信越支部様のご協力のもと実施いたします。

■セミナー詳細掲載ページ

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_d/detail/842.html

=================================================================

【セミナー概要】

名 称:『おいしい音 食と音の関係-カフェ空間にみる音のある暮らし方-』

日 時: 9月4日(金)16:30~18:00

会 場: リビングデザインセンターOZONE7F

     インテリアコーディネータースクエア&SHOWCASE IN OZONE

主 催:パイオニア株式会社

協 力:社団法人インテリア産業協会 関東甲信越支部

=================================================================

| | コメント (0)