「KICA ICラボ」 の活動紹介

「KICA ICラボ」 の活動紹介

11月17日(水)~19日(金)ビッグサイトで開催される
「インテリアフェスティバル2010」IC&KS専用PRコーナーに、
協会の紹介パネルのほか IC推進委員会・ICラボ
子育て住環境研究会・ファブリック研究会・和のしつらい研究会
の5グループが、活動紹介などのパネルを出品いたします。

10月21日(木)ICラボの活動日・・・・いつものように
ハウスクエア横浜情報ライブラリーバックヤードの鍵を開け、
カタログ類の整理を始めました。

この日は、PRコーナー用の写真を撮るためにSさんがデジカメを
持ってきています。

活動中の写真を撮っていると、hhstyle.com(株式会社インターオフィス)様が
新しいカタログを届けに来て下さいました。

タイムリーな話題で、注目の羽田空港国際線ターミナルオープンの日、
hhstyle.comでは、この羽田空港に300脚の違ったデザインの
チェアーを納めたところで、まるで家具カタログのような羽田空港の
フロア案内も持参してくださいました。

名作チェアから新進気鋭のデザイナーのチェアまで
羽田空港に行けば座ってみることができるらしい!

メンバーが商品説明をお聞きしている写真をパチリ、この日ミーティングの為に
駆け付けた会長やIC推進委員会のメンバーも加わり、いつもよりちょっと
賑やかなラボ活動の写真が撮れました。

皆様ビッグサイトで見てくださいね!

by SM

P1040132_2

P1040137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテリアコーディネート公開講座報告【IC推進委員会】

KICAのIC推進委員会では、高校生のキャリア教育、小学生の夏休み体験講座
大人の生涯学習イベントなどを通じて、インテリアコーディネーターという職業の紹介・インテリアコーディネートの楽しさを伝える活動をしています。


先月行われた、「浅野工学専門学校のインテリアコーディネート公開講座」の報告が届きましたので、ご紹介します。

【広報担当M】

****************************************************************

<IC推進委員会  浅野工学専門学校インテリアコーディネート公開
講座>

日時:1月30日(土)13:00~14:30

場所:浅野工学専門学校

浅野工学専門学校は横浜では古くからある建築工学の専門学校です。

今までも一般の方向けのセミナーを何度か開催されていましたが、今回初めて、外部講師の方でインテリアの話で行いたいと、KICA会員の方を通してお話を頂きました。

最近のKICA開催のセミナーではファブリックパネルのワークショップが好評ですので、その前半に「魅力的なインテリアをつくるワンポイント」とのタイトルのインテリア講座を加えて2部構成のセミナーを行いました。

参加者は新聞折り込みのタウン誌と学校サイドのホームページで募集し たところ、定員40名のところ41名にて打ち切り・・・と、予想を上回る申し込みがありました。

当日は年齢層も幅広く小学生との親子や男性の方もいらっしゃいました。

前半部分のインテリアセミナーは、お部屋の中にフォーカルポイントを作りましょうとの提案をベースに、壁面のインテリアコーディネートのご紹介、ハウスクエア体験館での、ビフォー&アフター、カラーのお話など、パワーポイントで多くの実例写真を見てもらいながら説明しました。
講師のIさんのお話をうなずいたり、メモを取ったりと
皆さん真剣な様子で聞いて頂きました。

後半はファブリックパネルのワークショップです。一通り材料と作り方の説明をして、その後机の配置を変えてから、張り地を選びに集まってもらいました。

沢山のカーテン生地から選べるので、2枚3枚と手に持ってどれにしようかと悩まれている方も多かったです。
(しばらく近寄れないほど、熱気がありました。)

その後、講師4名がサポートに付き、各自作る作業に入りました。

40名もの方が一緒にパネルを作るのは今回初めてでしたので、道具が足りない等不備もありバタバタとしてしまいましたが、何とか皆さん時間通りに最後まで仕上げる事が出来ました。

今回、簡単にお部屋に取り入れられるフォーカルポイントとして、ファブリックパネルを制作して頂きましたが、皆さん本当に嬉しそうな様子で作ったパネルをお持ち帰り頂きました。

早速、材料を購入したい、家でも作ってみたいとの感想も頂きました。

あっと言う間の1時間半でしたが、今回のセミナーが少しでもインテリアコーディネートを考える良い機会となり、何よりもっと気楽にお部屋づくりを楽しんで頂けたら嬉しく思います。

【IC推進委員会 m.m】
Img_0763
Img_0774
Img_0786

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「旧古河庭園」洋館内見学&六義園の庭園見学会 ご報告【和のしつらい研究会】

KICAにはいくつかの研究会があり、その中のひとつ「和のしつらい研究会」のメンバーより「旧古河庭園」の洋館内見学&六義園の庭園内の見学会のレポートが届きましたので、ご紹介します。【広報担当M】

****************************************************************
日程:平成21年12月1日(火)
参加者:8名
内容:午前中「旧古河庭園」の洋館内見学、午後、六義園の庭園内の見学(いずれもガイド付き)

「旧古河庭園」の洋館と洋風庭園は、明治から大正にかけて、ニコライ堂や旧岩崎邸庭園.洋館を手がけたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルの設計によるものです。この建物は、戦後進駐軍に接収されましたが、丁寧に使われていたため、内装のみの修復で、現在の状態に復元されたとのことです。P10802371洋館内の見学には事前予約が必要ですが、ガイドさんによる丁寧な説明を聞きながら、ほぼ全館を見学させて頂くことができました。

1階には、バラの庭が眺められる明るい客間やサンルーム、赤を基調とした落ち着いた雰囲気のダイニングやビリヤード室などがあり、高い天井にかかる大正時代のシャンデリア等、そのインテリアは見所満載でした。特にダイニングの、細部にまでこだわって復元された天井の彫刻や、壁の一部に施された、一枚板に彫られた緻密な彫刻には、その素晴らしさに皆ため息が出てしまいました。この建物の大きな特徴は、コンドルが心から日本を愛し、日本の文化を研究し、それを建物の中に取り入れていることだそうです。客間の壁紙が襖と同じ袋貼りで、中の和紙が湿度を調節しているというお話が大変印象的でした。P10802431
そして2階には、いよいよ今回の見学の目的、和室があります。洋館の中の和室・・この異質な空間は、なんとすっぽりと洋室の中に収められていました。重厚な扉を開けると、狭い廊下を挟んで障子があり、中は真・行・草でいう真(最も伝統的で格式のある)の和室になっていました。三本長押や、もう作れる職人がいないと言われる欄間、桟まで面取りされている障子など、贅沢を極めた丁寧な作りになっていました。外から見て違和感のないよう出窓まで設けられ、石造りの洋館の中に、和洋折衷ではない、和と洋のみごとな調和を見ることができました。 P1080239  P1080241

 

見学の最後には、希望すればダイニングでお茶を頂けるとのことで、お庭見学のグループと分れて優雅なティータイムを楽しみました。



P1080246ランチは、近くの女子栄養大学の学食で頂きましたが、安くてとても美味しかったです。売店でクッキーやパンなどを買ってから、歩いて10分くらいの、六義園に向かいました。

 
P10802481六義園でもガイドさんに付いて頂き、約1時間かけて園内を一周しました。
六義園は、五代将軍・徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保によって1695年(元禄8年)から7年の歳月をかけて造られました。吉保の文学的造詣の深さを反映した、和歌の趣味を基調とした日本庭園です。P10802651歩きながら、紀州和歌の浦の景色や万葉集や古今集に詠まれた名勝に見立てた景観を楽しめる「回遊式築山泉水庭園」となっています。池の周りを巡る園路から中の島を眺め、川にかかる橋を渡り、茶屋から滝の見える景色などを楽しむように造られていました。それらを繋ぐ小道や石のひとつひとつに、和歌の浦の景色や万葉集などに因んだ名前が付けられた趣のある庭園でした。晩秋のひととき、青空に映える紅葉を見ながら、古の文学散歩を楽しむことができました。P10802521
P1080254 P1080258 P10802621
                               【和のしつらい研究会 M.F】

| | コメント (0)

つきみ野学習センター「ボランティア講師の会展示会」報告【IC推進委員会】

KICAのIC推進委員会では、高校生のキャリア教育、小学生の夏休み体験講座
大人の生涯学習イベントなどを通じて、インテリアコーディネーターという職業の紹介・インテリアコーディネートの楽しさを伝える活動をしています。

先月行われた、大和市生涯学習 つきみ野学習センターでの「ボランティア講師の会展示会」の報告のレポートが届きましたので、ご紹介します。

担当してくださったIC推進委員会の皆さま・ファブリック研究会の皆様・
会場に駆けつけてくださって、ワークショップや片付けまで手伝ってくださった
Y.M様 ご協力ありがとうございました。
【広報担当M】

*****************************************************************

大和市生涯学習 つきみ野学習センター 報告
担当:IC推進委員会
協力:ファブリック研究会

11月19日(木)~21日(土)つきみ野学習センターにおいて
大和市北地区の「ボランティア講師の会展示会」がありました。
大和市では、生涯学習センターに登録しているボランティア講師の方々に協力を仰いで
小学生のために「夏休み体験講座」を行っています。
KICAでは、N相談役がボランティア講師登録をしていらっしゃる関係で3年前から「インテリアコーディネート」という講座の協力をし、年々参加者も増えております。

今回の会場には、インテリアフェスティバルで展示したNさんOさんの作品・子どもたちのインテリアコーディネート作品のほか、大きなカーテンの布の展示など、他の講師の方々の展示とは大分雰囲気が異なっており、注目していただけました。

会期中の総入場者は100名程度で、あまり多くはありませんでしたが、用意したファブリックパネルと大和市小学校モデルのインテリアコーディネートのワークショップに参加してくださる方々もいらっしゃいました。
また、古い掛け軸をお持ちになり、どうしたらいいでしょう?というご相談などもありました。ご来場の皆様それぞれご自宅のインテリアについて考えるきっかけになったのではないでしょうか?【IC推進委員会 S.M】
Img_06911
Img_06891Img_06921 

| | コメント (0)

県立旭高校ジョブシャドウィング【IC推進委員会】

KICAのIC推進委員会では、高校生のキャリア教育、小学生の夏休み体験講座
大人の生涯学習イベントなどを通じて、インテリアコーディネーターという職業の紹介・インテリアコーディネートの楽しさを伝える活動をしています。

先日、県立旭高校より、キャリア教育の一環としての職業体験(ジョブシャドウウィンドウ)依頼をうけ、KICA事務所のあるハウスクエア中川において高校生を迎えることになりました。その時の様子のレポートが届きましたので、ご紹介します。【広報M】

*****************************************************************
11月19日木曜日、旭高校1年生のみなさんをお迎えして「ジョブシャドウィング」を行いました。
参加者は12名、男子9名、女子3名です。 インテリアコーディネーターという職業を希望する学生は女子が多いだろうと思いがちですが、
今回の参加者は圧倒的に男子が多く、それも野球部員7名の参加がありました。 
まずはKICA講師によるインテリアコーディネーターの仕事の説明。参加者みなさんとても真剣に聞いてくださいました。
そしていよいよプレゼンテーションボード作り・・・まずはイメージ写真を選びます。各々自分の好みのインテリアのイメージが膨らみます。
次に素材集め・・・クロスやカーテン、家具などイメージに合う素材を集めボードの上にレイアウトしていきます。
このあたりになると、みなさん最初の元気がだんだんなくなり疲れが見え始めました。 でも、作品の完成が近付くにつれ、みなさんの目が再び輝き始めました。
最後に作品のタイトルを入れて完成。 ボードの上だけの作業でしたが、みなさんが真剣にインテリアコーディネートに取り組む姿がとても印象的でした。
これから進路を決めていく大切な時期に、インテリアコーディネーターという仕事に興味を持っていただき光栄です。
そして我々KICAの活動が、若いみなさんのために少しでも役立つことができたら、更に光栄なことだと思います。
【IC推進委員会 C.Y】
Img_0629 Img_0649
Img_0668 Img_0679

| | コメント (0)

ファブリック研究会 第1回勉強会

11月4日(水)、KICA ファブリック研究会主催の第1回勉強会が、ハウスクエア4Fセミナールームにて行われました。

ファブリック研究会は、今年度のインテリア産業協会のICビジネス支援事業にエントリーしています。

第1回は、賛助会員のコルティナさんにお願いし、現場でのカーテンの施工で注意すべき点や、ICとして知っておくべきことなどを含めて、セミナーをしていただきました。

多くのファブリック研究会のメンバー以外にもKICA会員が多く参加しました。
具体的で役立つ話をたくさん聞くことができ、大変勉強になりました。
【広報M】


P1080158 P1080157_2
P10801601

| | コメント (0)

ファブリック研究会まもなく始動!

ファブリック研究会がまもなく始動します!

今年は、インテリア産業協会主催の「インテリアビジネス活性化に関する支援事業」にKICAとしては、このたび発足する「ファブリック研究会」が応募し、支援の対象となりました。

研究テーマは、
 「フリーランスで仕事ができるようになる為の研究体系」(ファブリック編)です。

これから、3月までの半年間、講演会や勉強会等を通して、ファブリックに関しての研究をいたします。

去る7月30日には、インテリアのプログループ、「スタイリングプロ」さんとKICA賛助会員「ニチベイ」さんとのコラボレーションによるセミナーが開催されました。
セミナーのテーマは、「ファブリックの知識を身につけてライバルに差をつけよう!」です。

セミナーの講師陣には、KICA会員であり、「スタイリングプロ」でもご活躍の西村優子さんも事例を発表されました。

ファブリックの歴史、施工事例の解説、32種類のカットサンプルを生地の名称、特性が記載された台紙に貼るというワークショップを通じて、多くの種類の生地、柄に実際に触れる事が出来ました。また、「ニチベイ」さんのエコを意識した最新の商品についての解説があり、ファブリックに関する知識の再確認と同時に新たな発見も新鮮な3時間でした。
P1010976 P1010975

P1010981 P1010982





ICビジネスを得るために、私たちは、常にスキルアップする事が不可欠ですね。
3月までの研究を通じて、「ファブリックのプロとして活躍できるIC」を目指したいと思います。
メンバーの募集は、締め切りました。13人のメンバーでスタートします。

今後、会員の皆様には、セミナーのご案内をさせていただきますので、

よろしくお願いします。
【ファブリック研究会メンバーO】

| | コメント (0)

大和市小学校「なつやすみ体験講座」その2【IC推進委員会】

大和市の小学校で開催された「なつやすみ体験講座」レポートのつづきです。
(その1はこちら↓
http://kanagawa-ica.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/ic-14e3.html

***************************************************************

○7月28日(火)10時~11時30分  大和市立中央林間小学校 参加者27名

 前週の渋谷小学校と同様に中央林間小学校でも「なつやすみ体験講座」に参加しました。
 参加者は3年生・4年生・5年生がほぼ同数で6年生はいませんでした。昨年より平均年齢が大分下がったようです。

 最初に講師Nさんの「インテリアコーディネートって」というお話をして、講師Iさんが色彩の基礎知識、配色について、ボード等を使って分りやすく説明しました。
作業の手順を聞いた後、早速取り掛かります。
 
 皆さん、沢山のクロス、床材、カーテンのサンプルの中から思い思いの物を真剣に選んでいました。カーテンのスタイルについてもどの子も前の黒板に貼ってあるカラーコーディネーションボードの見本を見て、自分の好きなスタイルをすでに決めているようでした。

 参加した児童の中には男子が2人いましたが、さっさと選んで作業もはかどり照明や小物のカタログの中から好きなものを一生懸命探していました。最後に写真を撮らせてもらうとそのことを楽しげに話してくれました。この日のワークを十分に楽しんでもらえたようです。出来上がった作品はどれも年齢の低さを感じさせない素敵な作品になりました。

 私達はどのように貼るとうまく貼れるか等お手伝いをしました。どのお子さんにも出来るだけその子の持っているイメージに近く出来上がるようにお手伝いするのに大忙しでしたが、子供達の未知の可能性を身近に感じることができ充実した時間を過ごしました。
【IC推進委員会 K.S】
Cg7da3 Cge4f
Cg55ab Cg8d40

| | コメント (0)

大和市小学校「なつやすみ体験講座」その1【IC推進委員会】

昨年・一昨年に続いて今年も大和市立渋谷小学校と大和市立中央林間小学校で開催された「なつやすみ体験講座」に参加しました。
昨年までの評判が良かったためか、今年は両校とも参加者が大幅に増えたので講師を含めて渋谷小学校には7名、中央林間小学校には5名で参加しました。

2回にわけてレポートを紹介します!

****************************************************************

○7月24日(金)10時~11時30分  大和市立渋谷小学校(参加者29名)

 今回、初めてお手伝いさせていただきましたが、昨年の倍以上の参加者ということで、少し不安な気持ちでスタートしました。
 
 今年は3年以上が参加できるという事で、3年生の参加者が思った以上に多く、小さな3年生達が教室に入って来たときは、この子供達には今日のワークは難しすぎるのでは?
と内心思いました。

 まず最初にN相談役のインテリアの基礎知識のお話を聞いた後、実際にワークを始めてみると、最初の不安はあっという間になくなりました。子供達は目をキラキラと輝かせて、楽しそうに、自分のお部屋作りに取り組んでいました。

 途中、“このレースはどんな色のドレープを合わせればいいですか?”と相談されたり、カーテンのギャザーがうまくできないという子のお手伝いをしたりとかなり忙しかったのですが、真剣な小学生の姿に感動し、充実した時間を過ごす事が出来ました。
 完成した作品の中には“これが小学生の作品?”と驚くようなすばらしい物もありました。

 終了後のアンケートには“将来はインテリアコーディネーターになりたいと思いました。”
という子が何人もいましたよと先生から言われ、今日のセミナーは大成功だったのでは…と思いました。

 今後もこの取り組みを続けて、もっともっとインテリアコーディネーターのお仕事やすばらしさを多くの子供達に伝えていったらその中から将来、素敵なインテリアコーディネーターが誕生するのでは?とうれしい気持ちになりました。
最後に準備等、ご尽力くださった皆様に 有難うございました。
【IC推進委員会 M.T】

Cg66aa Cg9bbe_2
Cge6b3 Cg25b7

| | コメント (0)

プレゼンテーションボード制作体験会 報告【IC推進委員会】

今年も「高校生のためのプレゼンテーションボード制作体験会」を開催しました。
事前に関係各校と中川周辺の高校に「A3チラシ」を郵送し募集しましたが、希望者のキャンセルもあり、県立生田東高等学校の女子高校生(3年)一人だけのワークショップになりました。

但し、KICA会員のKさんとNさんも参加してくださいました。Kさんのご子息(かわいい元気な1歳8カ月)と、途中から県立生田東高等学校の先生もお見えになり、にぎやかでした。

講師の一人であるIさんが、パソコンを使ってさらりとインテリアコーディネーターについて説明し、制作にかかりました。
例年通り3人ともかなりこだわって検討していましたが、講師もお手伝いしたのでほぼ時間内に終了し、ほっとしました。
参加者が少ないので、今後、「プレゼンテーションボード制作体験会」をどのように開催していくのか検討課題です。
Cimg0735 Cimg0737 Cimg0739 Cimg0740



【IC推進委員会 N.T】

| | コメント (0)